SUN NEXIA GROUP
日本社宅サービス株式会社

住宅制度コンサルテーション・サービス

社宅制度・運営の診断から改善案設計まで、社宅制度の最適化をサポート

社宅管理代行のノウハウを活用

日本社宅サービスは、創業以来、社宅関連アウトソーサーのリーディング・カンパニーとして、各業種・業態に渡るクライアント企業様の社宅管理業務をサポートしてきました。そのノウハウや実績を活かし、各企業様の社宅制度・運営の診断から、新たな制度・運営方法の設計まで、社宅関連のコンサルティング・サービスを行っています。

少子高齢化や晩婚化といったライフプランの多様化、終身雇用や年功序列の崩壊など、社員や企業をとりまく環境の変化とともに、住宅制度のあるべき姿も変わっていきます。多額の資金を投入する制度だからこそ、常に現状にマッチした内容で投資効果を高めていくことが大切です。本サービスでは、現在の住宅制度を様々な観点から検証し、現状とのマッチングを診断します。

一つひとつの業務内容や工程間の連携を精査し、「コンプライアンス」「効率性」「投資効果」「コスト」「社員満足度」「リスク」など、多角的な観点から住宅制度の運営方法を診断。一元管理、分散管理による社内運営はもちろん、グループ会社または外部業者への委託など、あらゆる運営方法を客観的に分析・検証します。

診断の流れ
現状分析 ゴール(あるべき姿)の設定 問題点抽出と課題の整理 「診断レポート」作成・ご提出

一口に独身寮制度といっても、制度の目的が教育・研修なのか、自立支援なのかなど、企業ごとに対象者や適用期間、提供施設の形態は異なります。本サービスでは、社宅制度・運営に関する豊富な実績、ノウハウを活かし、概略から詳細まで、一般的なコンサルティング会社では実現しえない、実効性の高い制度設計をサポートします。

設計の流れ
目的の明確化 改革の方向性確定 概略設計(制度対象者/適用制度) 提供施設の検討 モデルパターン設定 シミュレーション・検証 制度の詳細設計(入居条件/物件選定条件/使用料算定方法/地区区分/上限家賃の設定/面積規定等)

住宅制度運営に関する情報・運用の集中的な管理をサポートし、管理コスト削減や業務負担のばらつき解消など、業務体制の効率化を図るとともに、コンプライアンス面、社員満足度など、多角的な観点から最適な運営体制を設計、ご提案します。綿密な導入計画や関連部署・業務の調整等にも配慮し、スムーズな移行をお手伝いします。

設計の流れ
役割の明確化 改革の方向性確定 新運営方法の策定、切替えスケジュール作成 業務基準の策定と明文化 社宅管理データの整備・システム化 関係部署との業務調整 業務支援システムとの連携・調整 新運営方法への業務シフト調整(移行手続き、経過対応) 社内告知・事前勉強会開催/取引先へのアナウンス 新体制切り替えの最終調整

住宅制度運営に伴う各種申請業務のWEBシステムとワークフローを設計。手続きの利便性を図るとともに、「申請」から「承認」まで一連の手続き状況を一括管理し、住宅制度運営に関する情報・運用の集中的な管理をサポートします。貴社の企業内システムに連携した、効果的なシステム設計が可能です。

4つのサービス・メニューをパックにした、トータルな診断、コンサルティング・サービスをご提供しています。
  • 住宅制度基礎診断
    「コンプライアンス」「有効性」「効率性」「投資効果」「客観評価」の5つから診断
  • 社有施設トータル診断
    社有施設の運営状況と建物の劣化状況の両面から診断
  • 住宅制度運営コンサルテーション
    社宅制度運営の改善・強化策を提案
  • 住宅制度改革コンサルテーション
    競争力アップや採用力強化の観点から社宅制度・施設のあるべき姿を提案
※ 単体メニューも承ります。