日本社宅サービス
RECRUITING SITE 2018

募集要項

見えているものに、
縛られるな

RECRUITING
SITE 2018

採用メッセージを見る

就活の悩み、日本社宅サービスのことを
先輩社員が本音を全力回答!
答えは自分の中にある!
さあ、一歩踏み出してみよう!!

Q#会社選びでは、やはりネームバリューが大事ですか?

ネームバリューのある大企業に就職した方が、安定した将来が得られると思いますが、どうでしょうか。

もっと大切なキーワードがあります。“自己実現”です。

確かに安定性は企業選びの大切なポイントです。でも、決してすべてではないと思います。私の場合、まず“自分はどういう人間になりたいか”をじっくりと考え、“その会社や仕事を通じてなりたい自分になれるか”という視点で企業選びに臨みました。つまり自分が成長できるフィールドがあるかどうかが、最も大切だと思います。
日本社宅サービスのような成長企業には若い社員に責任ある仕事を任せるカルチャーがあるため、会社の成長と自分の成長をシンクロさせることができます。安定性とは、その結果として得られるものではないでしょうか。
それに有名企業=安定企業とは限らないってことは、様々な事例からもはっきりしているんじゃないかな。

× CLOSE

2015年入社
齊藤 かすみ
オペレーショングループ

×

prev

next

Q#自分に何が向いているのか、わからないんです…

自分に何ができるのか、何が向いているのがわからないので、どの業界や職種に応募してよいのか悩んでいます。

“何に向いているか”より“どんな自分になりたいか”という考え方で。

自分が何に向いているか、わかっている人なんていないと思いますよ。私だって営業に配属された当初は「私に営業なんて無理!」と決めつけていました。
でも、上司や先輩に背中を押され、同期とは励まし合いながら目の前の仕事にがむしゃらに取り組んでいたら、いつしか成長できていたんです。そのとき思ったのが、何に向いているかなんて、やってみなきゃわからない、ということでした。
向き・不向きなんて悩まずに、自分のなりたい姿を描いて、まずは全力で走り出すことが大切です。どんな仕事に就いたって、それは自分が変われるチャンスなんです。

× CLOSE

2012年入社
髙野 愛子
マーケティンググループ

×

prev

next

Q#本当に成長できる環境なの?

仕事を通じて成長していきたいと考えていますが、入ってみないとどんな環境なのかわからなくて、不安です。

環境も大切だけど、本当に大切なのは自分の姿勢です。

日本社宅サービスには、成長意欲の高い社員がそろっており、互いに切磋琢磨しながら育っていける環境があります。この点は自信を持っておすすめできるので、ご安心ください。グループ会社間での異動が可能なことも、常に新しいフィールドへの挑戦につながるでしょう。
ただ、大切なのは、成長とは周囲から与えられるものではなくて、あくまで自分自身でつかみ取るものだということです。受け身では、成長なんて無理。自ら積極的に業務に立ち向かうことで、成長のきっかけをつかむことができるのです。
当社にはそんなマインドの社員ばかり。その姿に接することで、あなたも自然とアグレッシブな姿勢へと変わっていくことでしょう。

× CLOSE

2015年入社
青木 智美
マーケティンググループ

×

prev

next

Q#やりたい仕事が見つからない…

自分でも、どんな仕事がやりたいのか、わかりません。
こんな状態では長く働けるか心配です。どうしたらいいでしょうか。

悩むことも成長へのステップボード。先輩が必ず力になってくれるでしょう。

実は私もやりたい仕事のイメージがつかめないまま入社し、1年間も「この仕事でいいのだろうか」と悩み続けました。そんなときに手を差し伸べてくれたのが、周囲の先輩たちでした。
実は日本社宅サービスには「自分が先輩にしてもらって嬉しかったことは、次に自分が後輩にしてあげる」という伝統があります。だから、私が悩んでいる姿を見た先輩たちが、自然と相談に乗ってくれたんです。
おかげで今では仕事について自分なりのやりがいを見いだしながら、取り組むことができています。
そして、今度は私が後輩の皆さんに手を差し伸べる番。遠慮しないで、悩みを打ち明けてください。

× CLOSE

2011年入社
栗原 大河
マーケティンググループ

×

prev

next

Q#安定志向じゃダメですか?

やりがい重視もわかるけれど、安定志向も捨てがたい。堅実な会社で長く働きたいのですが。

安定志向もOK!でも、それだけでは十分ではありません。

安定志向?悪くないです。私だって安定志向ですし。ただ、おっしゃるように長く働きたいというのであれば、それだけでは不十分。“やりがい”という手応えがないと、働くモチベーションは長続きしないと思います。
例えば私の仕事は転勤される社員様の部屋の契約代行業務です。一見すると、ルーティン作業のように見えるかもしれません。しかし、お客様の信頼を厚くすることが長期の契約につながる、つまり経営の安定に結びつくと知っているから、一つひとつの仕事に対して顧客満足度を高める工夫をしています。安定=現状維持ではありません。成長しようという意欲が、結局は安定をもたらすのです。

× CLOSE

2012年入社
佐藤 龍之介
オペレーショングループ
(札幌)

×

prev

next

Q#正直言って、人間関係が不安です

職場にどんな上司、先輩、同僚がいるのかわからず、うまく一緒にやっていけるか自信ありません。

全員と仲良くしようとせず、同じ価値観の人といい関係を築くことからスタート!

その不安、とてもよくわかります!どんなに言葉で説明されても、実際に入社してみないとわからないことってありますよね。人間関係はその代表です。私も同じ不安を抱えていたので、面接の時にオフィスをちょっとのぞかせてもらったりしました。
もちろん人間ですから、相性の良し悪しはあります。無理に「全員と仲良くしなきゃ」って思う必要はないんです。それよりも、仕事や働き方に対して同じ価値観を持っている人と仲良くなることからスタートすればいいと思います。
その点、日本社宅サービスには、同じ志をもって入社した社員が多いので、きっと無理なく溶け込めるはず。心配はいりません。

× CLOSE

2015年入社
齊藤 かすみ
オペレーショングループ

×

prev

next

Q#採用担当の印象で企業を判断してもいいのかな

採用担当者の印象で、つい会社への評価を決めてしまいがちです。

もちろんそれがすべてではないけれど、判断基準の一つとして印象は大事!

会社の印象って、採用担当者の人柄でずいぶん変わりますよね。“企業は人なり”って言葉もあるくらいだから、それは当然のこと。これは仕事上でも同じことで、私は常に“自分が会社の代表なんだ”という意識でお客様と接するようにしています。
振り返れば、私自身も当社への入社を決めた理由の一つが、採用担当者の印象でした。説明会の案内がとても丁寧だったこと、「感謝を忘れずに人を大切にする」という言葉通りの対応を実践されていると感じたことが好印象につながり、この会社なら、と思って入社を決めました。
採用担当者の人柄には社内の雰囲気や会社の考え方などが反映されると思うので、大切な判断基準の一つにしてください。

× CLOSE

2012年入社
髙野 愛子
マーケティンググループ

×

prev

next

Q#入社してもやっていけるか自信がない…

本当にこの会社でやっていけるのか、失敗したらどうしよう…そんな不安ばかりがわいてきます。

誰でも最初は自信なんてありません。だからこそ、仕事に臨む姿勢が大切なんです。

私も入社前は不安だらけでした。学歴は専門学校卒で、もちろん不動産の知識などゼロ。WordやExcelには、触ったこともありませんでした。正直、仕事を続けていけるか、自信なんてなかったです。でも、自分に欠けていることがあったからこそ、私はそれを補おうと先輩たちを質問攻めにして、知識を吸収していきました。先輩たちも、その想いにしっかり応えてくれました。そんな日々を送っているうちに、次第に自信がついてきたのです。
日本社宅サービスには、自ら学ぼうとする人は周囲がしっかり支える風土があります。「不安があるから、学びたい」という姿勢を持って臨めば、きっと自信もついてくるでしょう。

× CLOSE

2012年入社
佐藤 龍之介
オペレーショングループ(札幌)

×

prev

next

Q#有名大学ではないので学歴にコンプレックスがある

有名大学の出身ではないので、つい周りの目を気にしてしまいます。
社会人になっても学歴ってつきまとうものですか?

大学名で仕事をするわけではありません。
大切なのは“人間力”です。

商談の場などで出身大学を聞かれることは、珍しくありません。
そのとき、誰もが知っている有名大学だと、しばしその話題で盛り上がることもあります。でも、あくまでその場限りの話題というだけ。大学名で商談の結果が左右されることなんてあり得ないし、その人の評価につながることもありません。
特に日本社宅サービスのビジネスモデルは、お客様との長期の関係構築が前提となっています。それには担当者同士の強い信頼関係が不可欠。誠実に、真摯に向き合うことが絶対に必要です。つまり、人間力が最も重要であって、そこに出身大学は関係ないのです。

× CLOSE

2015年入社
青木 智美
マーケティンググループ

×

prev

next

Q#残業で毎日大変では?

社会人って、残業の連続で大変というイメージがあります。ニュースでも話題だし、今から不安です。

仕事で大切なのは“量”ではなく“質”。時間も同じです。

日本社宅サービスでは社員の労働時間の管理が徹底しています。ある社員の業務量が増えたら、部門の壁を越えてサポートする仕組みがあるので、残業の連続ということはありません。
だからといって残業が必ずしも悪いとは言い切れないと思います。私自身、重要なプレゼンを前に残業を続けたことがありますが、それは新しいチャレンジを前に夢中で取り組んだ結果でした。時間を忘れるぐらい仕事に没頭したのです。自分にとって大きな成長にもつながりました。
大切なのは、前向きな姿勢を忘れないこと。どんな状況も成長のチャンスととらえて取り組むことを心がけたいですね。

× CLOSE

2011年入社
栗原 大河
マーケティンググループ

×

prev

next

募集要項

採用メッセージ

MESSAGE

それぞれの個性が響き合う。
そんな場所でありたい。

『人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力』

「これはいったい何の公式?」と不思議に思った方も多いのではないでしょうか?
実はこれは、日本社宅サービスが大切にしている、いわば私たちの価値観の核のようなものなのです。一番重要なのは「考え方」。次に、「熱意」を込めて物事に取り組む姿勢。最後に「能力」。それらを掛け合わせた結果が、人生や仕事の結果を左右するということを表現しています。
また、創業時から大切にしている言葉もあります。『動機善なりか、私心なかりしか』、そして『公明正大な利益の追求』。どちらも、私利私欲をむさぼるのではなく、社会に貢献できる存在であるかを問う言葉です。
そんな価値観も含め、当社に関心を持たれた多くの方々から「どんな会社にしたいですか?」とたずねられます。 私は決まって「好きで続けられる会社にしたい」と答えます。
そして、「好きで続けられる会社」とは、社員個人に対して、取引先やお客様に対して、さらには社会に対して、どうあるべきなのか、そして企業としてどう成長すべきなのかと話は広がっていきます。

あるとき、宇宙に広がる星の数と地球上の生命の数はほぼ同数である、という考え方を耳にしました。個性豊かな大宇宙の星たちと多くのスタッフの顔が重なって見えました。
数多くの個性が集い、互いを尊重しつつ、共通のベクトルを大切にしながら個々の目標を持ち、個性を活かしてのびのびと活躍する。お互いの成長を組織の成長とともに実感でき、さらに次の目標に向けて歩み続ける。そんな組織であることが重要だと思っています。 私は以前から、人と組織の理想の関係を「ひと向き、ときめき、いきいき」と表現してあちこちで語っていましたが、ふと、このメッセージに「キラキラを加えるか!」と思い立ちました。一人ひとりが光輝く星であり、誰もが主役となって、互いに輝きを増し、全員参加で走れる組織。それが私の理想です。
でも、それは煌びやかさで注目される会社を意味しているのではありません。むしろ逆です。「派手でなくてもいい、でも優良企業でありたい。そしてそこにこそ譲れない絶対価値がある」と常に思っています。
個性を活かして互いに成長する、その豊かさとともに、社会から認められる喜びを実感し続けたい。正しく成長し、誰にも、もちろん自分にも恥じることのない道を歩み、成長という結果を得ようではありませんか。まだ見ぬたくさんの皆さんの個性に出会えることを楽しみにしています。

日本社宅サービス株式会社
代表取締役社長

笹 晃弘

日本社宅サービス株式会社 代表取締役社長 笹 晃弘

仕事紹介

BUSINESS

私たちは社宅管理の業界No.1のシェアを10年以上続けています。お客様に喜んでいただける企業であり続ける為に、社員全員が連携し、協力してサービスを支えています。「お客様に最高の満足」を提供する為に、欠かす事のできないそれぞれの大切な役割をご紹介します。

2018年度 新卒・第⼆新卒採用
募集要項

RECRUIT

選考ステップ

なかなかわかりにくい当社のことを、まずは知っていただく機会として、個別セミナーにご参加いただきたいと思います。ここで、会社説明、業界説明、実際に皆さんに担っていただくお仕事についても具体的に説明をさせていただきます。
選考については、人事面談を経て、WEB適性診断を受けていただき、その後は、実際に働く部署の責任者と面談、当社役員との面談を経て、6月1日以降に選考をさせていただき、内々定となります。

  1. 01

    個別セミナー

  2. 02

    一次面談

  3. 03

    WEB適性診断

  4. 04

    二次面談

  5. 05

    三次面談

  6. 06

    選考
    (6月1日以降)

  7. 07

    内々定

募集要項

応募資格
2018年3月末までに国内外の大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校を卒業・修了(見込み)の方
雇用区分
正社員
想定年収(給与詳細)
331万円
月収224,700円+各種手当+賞与
※残業代を込みとした「業務手当」40,000円を支給。残業代はこの40,000円を超えた分を支給。
(職能等級により異なっていくが、残業時間29時間程度/月を超えた分を残業代として支給)
勤務地
【勤務地詳細】
本社 東京都新宿区箪笥町35番地 日米TIME24ビル
第一オペレーションセンター 東京都新宿区原町3丁目87番4号 NTビル2階

【アクセス】
本社 地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩1分
第一オペレーションセンター 地下鉄大江戸線「牛込柳町駅」東口出口より徒歩8分
勤務時間
9:30~18:30
9:00~17:45(2017年7月より変更予定)
昇給
昇給年1回(人事考課による)
賞与
年2回
保険
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険完備
福利厚生
従業員持株制度、交通費支給、借上社宅
会員制福利厚生サービス、住宅手当、子女教育手当、出産・育児休暇
休日/休暇
週休2日制(土日※月1~2回土曜出社※勤務カレンダーによる) 祝日、夏季、年末年始、有給、慶弔
◎年間休日113日

ENTRY

pagetop

Marketingマーケティンググループ

目指すは顧客満足度・業界シェアのダントツ「No.1」!

お客様の社宅制度・運営上に潜在するニーズや課題を明らかにするコンサルティング集団です。アウトソーシングというサービスの性質上、お客様とは深い関係構築となることから、『困りごと』を相談いただける機会は多く、顧客目線での長期の提案活動を行っております。お客様が親しみを込めて呼んでくださる『しゃたくさん』は私たちの活力の源です。

Operationオペレーショングループ

お客様に最良のサービスを、最高に楽しく働きたい!

お客様の「転勤」という人生の転換期にスムーズに、ストレスなく転居できるようサポートすることが私たちの使命です。社宅の物件探しから不動産各社との契約手続き全般、入居中のトラブル対応など幅広い業務に従事しています。『お客様に最高の満足を!』をモットーに日々サービス品質の向上に取り組んでいます。

Network Operationsネットワーク運営グループ

社宅斡旋のデファクトスタンダードとして企業社会に貢献する唯一無二の「日本社宅ネット」へ!

全国の優良不動産会社様にて構成した、我が国初で唯一の社宅斡旋の全国チェーン『日本社宅ネット』の本部機能を担っております。お客様に安全と安心、コンプライアンスに則したサービスを提供するため、各加盟店の指導やネットワーク全体の統制を行い、サービス品質の向上に取り組んでいます。

Information Systems情報システムグループ

ITを通じてSUNNEXTAグループにイノベーションを!

グループ全体の情報セキュリティ統制、ITによる生産性向上を担う部門です。また、社内に限らずお客様向けにITを活用したサービスを提供する役割も担っており、ITを活用した価値提供を行うことが私たちの使命です。ユーザーから信頼され、安全で安定したサービスを提供し続けられるよう日々取り組んでいます。

Finance経理財務グループ

経理の力で会社を動かす!
わたしたちが経営の羅針盤に!

グループ全体の経理・財務業務全般に従事します。社宅アウトソーシング業界ではNo.1の実績を誇る当社ではありますが、今後さらに成長・発展していくには、業績の正確な分析や新事業への資金調達など、適切かつチャレンジングな経理財務業務が必要であり、経営基盤の強化に取り組んでいます。

General Affairs総務グループ

わたしたちが接する全てのステークホルダーの皆様を笑顔に!

グループ全体の共通機能が効率よく進められるよう環境整備に従事しており、グループの「顔」としてステークホルダーの皆様との良好な関係の構築、さらには様々なリスクから会社を守る使命を担っております。また、全社的コミュニケーターとして、全社推進活動の旗振り役を担っておりグループを横断的にサポートしています。

Human Resources人事グループ

社員全員が会社を大好きになってくれる!そんな職場を創りたい!

グループ全体の人事機能を統括し、会社と社員をつなぐ大切な役割を果たしています。採用、教育活動や給与手続き、健康診断などの業務だけではなく、ライフスタイルや世の中の変化に対応し、社員一人ひとりがいきいきと働き続ける職場環境づくりに取り組んでいます。