お問い合わせ

企業情報

企業情報 >

株主・投資家情報

IR情報トップ >

個人投資家の皆さまへ
でわかる! 日本社宅サービスってこんな会社です!!

個人投資家
トップへ

2017年6月期は増収・増益
今期経常利益は8で2年連続最高益更新

売上高

売上高は

4.7増の過去最高7348百万円

SUNNEXTAグループの2017年6月期の連結売上高は、過去最高を更新し、73億48百万円(前年同期比4.7%増)となりました。社宅管理事務代行事業は、企業におけるマイナンバー制度導入への対応から一部案件の受注時期の遅れが発生したものの堅調に受託収入が増加したことに加えその他付帯サービスが増加したことにより、売上高は39億52百万円(同8.1%増)となりました。
施設総合管理事業は、新規のマンション管理組合からの受注(リプレイス)による管理戸数は前年比で微増に留まったものの、建物の保守点検による不具合箇所の修繕工事や長期修繕計画に則った大規模工事による売上は伸長しました。また、2017年6月期より分社化した子会社における買取再販等のマンション専有部向けサービスも増加したことにより、売上高は33億95百万円(同1.0%増)となりました。

営業利益

営業利益は

31.9増の過去最高812百万円

営業利益は、過去最高を更新し、8億12百万円(前年同期比31.9%増)となりました。 社宅管理事務代行事業は、売上の増収効果に加え、ストックオプション費用やブランディング費用の減少及び人件費が計画を下回ったことにより、営業利益は7億32百万円(同38.6%増)となりました。
施設総合管理事業は、人員増強に係る費用や新たな顧客獲得のための先行費用が増加しましたことから、営業利益は74百万円(同11.3%減)となりました。

当期純利益

当期純利益は

22.7増の過去最高519百万円

当期純利益は、営業利益が増加したものの、投資有価証券売却益が減少したことにより、5億19百万円(前年同期比22.7%増)となりました。

2017年6月期まとめ

17年6月期の連結経常利益は前年同期比29.9%増の8億42百万円となりました。
18年6月期は前年同期比8.1%増の9億10百万円を見込んでおり、
2期連続で過去最高益を更新する予定です。
また、18年6月期の連結売上高は7期連続増収となる見込みです。

主要事業となる社宅管理事務代行業務

事業拡大に伴う人件費が増加したが、新規顧客の開拓と稼働が順調に推移したことに加え、
管理サービスなどの付帯サービスが増大するなど、業績は堅調に推移いたしました。

施設総合管理事業

新規マンションの管理組合からの受注により管理組合棟数の増加や、
専有部リフォームの改修工事の増加、マンション買収・再販などの不動産事業の強化で、前年同期実績を上回りました。

個人投資家ページトップへ戻る