お問い合わせ

企業情報

企業情報 >

株主・投資家情報

IR情報トップ >

IR info 株主・投資家情報

株主・投資家情報

経営方針トップ 中期経営計画 コーポレート・ガバナンス 事業のリスク ESG

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する
基本的な考え方

当社グループは、「お客様に最高の満足と集う人々の幸福の創造と拡大をし続け、夢の総和の実現をはかる」という存在理念のもと、持続的な成長と企業市民としての社会的な存在価値及び中長期的な企業価値を向上させることを目的として、「コーポレート・ガバナンスに関する基本方針」を制定いたしました。本基本方針は、当グループのコーポレート・ガバナンスの考え方や枠組みを示し、全ての役職員の行動の指針として最良のコーポレート・ガバナンスを実現してまいります。
中でも、基本的な考え方として、第2章第1条において、「次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組む」ことを、掲げております。
(1)株主の権利を尊重し、平等性を確保するとともに、株主、従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会をはじめとする様々なステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働する。
(2)会社情報を適時・適切に開示し、透明性を確保する。

なお、本基本方針の全容は「コーポレート・ガバナンスに関する基本方針」 (170KB)に掲載しております。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制の強化

当社は時代の変化に対応し、さまざまな意見を取り入れるため2015年より社外取締役を2名とし、コーポレート・ガバナンス体制をより一層強化してまいりました。当社の取締役は優れた人格とともに当社の経営を的確、公正かつ効率的に遂行できる見識、能力および豊富な経験とともに、高い倫理観を有しており、独立した立場から監督機関としての機能を果たしています。また、全ての取締役はその任期を「1年」とし、定時株主総会決議による選任の対象としています。なお、2017年より社外監査役を3名としました。

社外取締役の選任理由

氏名 略歴 選任の理由
長山 宏
1980年4月 阪和興業株式会社入社
1991年2月 三優監査法人入所
1997年2月 三優ビーディーオーコンサルティング株式会社
(現株式会社カクシン)取締役
2003年6月 同社代表取締役
2008年11月 同社取締役
2009年9月 同社代表取締役(現任)
2010年9月 当社社外監査役
2014年9月 当社社外取締役(現在)
2016年4月 法政大学専門職大学院
イノベーション・マネジメント研究科 特任講師(現任)
当社の理念をはじめとする価値基準に共感し、当社企業活動全般について関心を持っており、当社の経営活動の監督をお願いしております。また、公認会計士及び税理士の資格を有し財務及び会計に関する相当程度の知見及び経営コンサルティングを展開する企業の代表取締役(会社経営者)として豊富な知識・経験があり、加えて当社の社外監査役として過去4年間務め当社業務内容に精通していることから、取締役会の監督機能として十分な見識を有しております。
青淵 正幸
1996年4月 信州短期大学経営学科 助手
1997年4月 信州短期大学経営学科 専任講師
2001年4月 信州短期大学経営情報学科 専任講師
2003年9月 新潟国際情報大学情報文化学部 助教授
2007年4月 立教大学経営学部・ビジネスデザイン研究科 准教授(現任)
2015年9月 当社社外取締役(現在)
当社の理念をはじめとする価値基準に共感し、当社企業活動全般について関心を持っており、当社の経営活動の監督をお願いしております。また、長年にわたり企業の評価価値の研究に携わるとともに、株主価値の最大化を意識された分析なども行っており、同氏の幅広い知識と優れた知見を当社の経営に反映させることが、コーポレート・ガバナンスの強化はもとより、グループ経営全般の質的向上に資するものと判断し、当社社外取締役に選任しております。
長山 宏

略歴

1980年4月 阪和興業株式会社入社
1991年2月 三優監査法人入所
1997年2月 三優ビーディーオーコンサルティング株式会社
(現株式会社カクシン)取締役
2003年6月 同社代表取締役
2008年11月 同社取締役
2009年9月 同社代表取締役(現任)
2010年9月 当社社外監査役
2014年9月 当社社外取締役(現在)
2016年4月 法政大学専門職大学院
イノベーション・マネジメント研究科 特任講師(現任)

選任の理由

当社の理念をはじめとする価値基準に共感し、当社企業活動全般について関心を持っており、当社の経営活動の監督をお願いしております。また、公認会計士及び税理士の資格を有し財務及び会計に関する相当程度の知見及び経営コンサルティングを展開する企業の代表取締役(会社経営者)として豊富な知識・経験があり、加えて当社の社外監査役として過去4年間務め当社業務内容に精通していることから、取締役会の監督機能として十分な見識を有しております。
青淵 正幸

略歴

1996年4月 信州短期大学経営学科 助手
1997年4月 信州短期大学経営学科 専任講師
2001年4月 信州短期大学経営情報学科 専任講師
2003年9月 新潟国際情報大学情報文化学部 助教授
2007年4月 立教大学経営学部・ビジネスデザイン研究科 准教授(現任)
2015年9月 当社社外取締役(現在)

選任の理由

当社の理念をはじめとする価値基準に共感し、当社企業活動全般について関心を持っており、当社の経営活動の監督をお願いしております。また、長年にわたり企業の評価価値の研究に携わるとともに、株主価値の最大化を意識された分析なども行っており、同氏の幅広い知識と優れた知見を当社の経営に反映させることが、コーポレート・ガバナンスの強化はもとより、グループ経営全般の質的向上に資するものと判断し、当社社外取締役に選任しております。